春の月面

3月中旬以降なぜかシーイングに恵まれず、悶々とした日々を過ごしていましたが、この日の月はわりとシーイングが良くてあちこちを撮影することができました。
撮影は、新たに導入したCC400(400m-F20)です。シーイングが悪い日が続いたので、いまいち性能を把握しきれていません、以前使用していたDK125(318mm-F20)より、ややいいかな?ぐらいの感触は得られました。でも、この日を含む木星はいまのところたいした絵は撮れていません。本日、木星は衝ですが撮影できるお天気ではなさそうですね。悶々とした日々は、しばらく続きそうです・・・
 4月4日撮影 CC400+ASI178MM
 「カッシーニ」

「マウロリクス、シュテフラー」

 「エウドクソス、アリストテレス」

コメント

ibuki05006 さんの投稿…
新型のクオリティは良さそうですね。私からすると旧型も新型もどちらも素晴らしいクオリティですが(*^^*)
近いうちに緻密な木星画像も拝見できそうですね。楽しみにしています。
@hasyama さんの投稿…
光軸が若干ずれているんだけど、びびってしまい今のところ手付かず。メーカーの資料では、最後の追い込みは主教を微調整するとのこと。恐ろしいな・・・ このミラーを将来自分で洗浄するのかと思うと、さらに気が重いです。木星は、いずれ良いシーイングに出会えるでしょう。気長に待っています。(^o^)